常勤医師のデメリット

「常勤医師のメリット」の項でもご紹介したように、常勤医師は良いことばかりと思われがちですが実はデメリットもいくつか存在しています。
その1つは、自分のライフスタイルをすべて勤務している医療機関の就業形態に合わせなければならないということです。
勤務している病院に当直や夜勤、休日勤務があれば当然従わなければなりませんし、産科など科によっては休日の夜中であっても呼び出されることもあります。
また、重病患者を抱える医師ともなると休日に家族団らんで過ごしていてもいつ呼び出しが来るか分からないので気が休まらないこともあります。
もちろんそれが医師という仕事の宿命でもありますが、それによって体力的にも精神的にも追い詰められ、過労を強いられる場合もあります。
過酷な労働条件のために医師としてのやりがいや意欲を失ってしまったという方も少なくないようです。
不況の影響で経営状態の良くない病院も多くあります。
また、地域によっては医師不足が深刻な問題となっているところもあります。
そのしわ寄せが常勤医師に集まってしまうという負のスパイラルが出来上がってしまうのです。
このような状況の中ではよほど強い職務意識を持った方で無いとかなり厳しい状態になると思われます。
病院の経営状態の悪化に直面するとこれまで安心と思っていた常勤医師の方が困惑し、不安が強くなると思います。
転職の際には転職先となる医療機関の経営状態などをしっかり調べておくことが必要と言えます。